スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告
スポンサードリンク

中途採用で企業が採用したい人は?

企業が採用したい人って
どのような人なのか考えたことがありますか?

実はこれ、とっても大事なことなんです。

企業が採用したい人になりましょう!
というわけではなく、
「今の自分を変えなくては!」と、
思うきっかけになるからです。

でも、企業が採用したい人を
考えると言っても、
応募する企業の人事でもないのに
どうやって採用したい人を
考えたらいいのでしょうか?


それは、簡単です。
あなたが企業を経営していると仮定すれば
いいのです。

もし、あなたが応募する企業を経営しているとして、
自分のお金を払って
雇いたい人物像はどのような人でしょうか?

スキルは?

そのスキルは絶対必要ですか?

もし、絶対に特別なスキルが必要という
わけでなければ、
精神面でどのような面を持っていたら
採用したいと思うでしょうか?

どのような心構えで
毎日の仕事に取り組んでいる人を
採用したいですか?

このように考えていくと、
あなたが持つべき考え方が
自然と備わってきます。


中途採用で企業が採用したい人は
難関ではないけれど、
今の自分ではいけないなぁ。

と、感じることがきっと
あるはずです。
スポンサードリンク

中途採用の面接でされる質問と攻略法

書類審査を無事通過したら、
次は面接試験ですね。

中途採用の面接は、
新卒の時に比べて、
回数が少ない分、
一度の面接でいかに自分のよさを
伝えられるかが重要になります。


当日緊張して頭が真っ白。。。

なんてことのないよう、
事前にしっかりと頭の中で
シミュレーションをしておき、
本番の面接に備えましょう。


まず、中途採用時の面接で、
必ず聞かれると思われる質問
を挙げておきます。


・転職理由・・・これは、中途採用では必須の質問です。

言いにくいことかもしれませんが、
出来るだけ正直に答えましょう。

きれいなことだけ言おうとする人も多いですが、
絶対に何かしら思うことがあるからこそ
転職を選んだはずです。
あまりにきれいすぎる転職理由は、
信憑性に欠けてしまいますので注意しましょう。

また、前職のグチをたくさん言うのも
やめましょうね。
「きっとうちでもまたこんなグチ言うだろうな」
と、面接官に思われてしまいます。



・志望動機・・・これは、新卒、中途関係なく必ず聞かれる質問です。

選考を受ける企業の
会社案内などに隅々まで目を通すようにして、
あなたらしい志望動機を
説明出来るようにしておきましょう。

中途採用であれば、
今までの経験をこういうふうに生かしたい
ということも込められると
ポイントが高いです。



・長所や短所・・・これも、多くの場で聞かれる質問でしょう。

ただ、例えば、長所が「几帳面」であれば、
それが仕事上でどのようなメリットとなるのかまで
説明出来るといいですね。

また、短所が仕事に与えてしまった影響も
聞かれることがあります。

その際は、素直に失敗談を話し、
だからこそ次からは意識をして
同じ失敗をしなかったというように
つなげられると、短所が悪いイメージを持たれません。



・体験談・・・これは、中途採用ではあなたの
最大のアピールポイントになるでしょう。

30代なのですから、やる気や気合だけで
勝負しようとするのは難しいですし、
会社も30代のあなただからこそできることを
期待します。

今までの役職や仕事の上での実績、
チームにどのように貢献してきたかなど、
あなたを採用するとどのようなメリットがあるのか?

それを面接官がイメージできるように
話してみるといいですね。

また、面接の最後に、
「何か質問はありませんか?」と聞かれたら、
「特にありません」と答えるのは止めておいた方がいいです。

「本当はこの会社に興味がないのでは?」、
「うちでなくてもどこでもいいんじゃないの?」と
思われてしまう恐れがあります。

かと言って、
残業はどれくらい?離職率は何パーセント?
ボーナスは何ヶ月?有給休暇の消化率は?
などの質問を連発して、

働きたい!という
意思が弱く感じられることも
避けるようにしましょう。

上のような質問をするのであれば、
加えて、会社のビジョンや方向性など
前向きな質問もプラスすることを
おすすめします。
スポンサードリンク

中途採用面接の注意事項

新卒と中途採用の面接では、
面接官は見る目が違います。

どう違うのかというと、
中途採用者に対する方が
厳しいんですよね。

中途採用の面接を受けにくる人は、
大なり小なり社会人経験をしているわけですから、
人事もそれ相応の社会人マナーを
求めるわけです。

しかし、そんなに焦る必要はありません。


それは、いくつかポイントを押さえていれば
「社会人らしい」と
思ってもらえるからです。

今日は、ポイントの中で1つご紹介します。


何かというと・・・


それは、中途採用の面接時、
面接官を待つときは
立って待っていることです。

けっこうやらない人が
多いんですよね。

でも、立って待っていると
その分、誠意も伝わりますので
第一印象で好感度はアップすることは
間違いありません。

今は特別なスキルを持っていても、
新卒同様、中途採用でも
いくつかの面接を通過するのは
困難になってきています。

これをすれば
中途採用の面接に通る、
というものではありませんが、
確実に他の中途応募者と
差がつけられるのであれば
やらない理由はないでしょう。

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。