スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告
スポンサードリンク

公務員の年齢制限・・・30代でも大丈夫?

私は学校を卒業する時に公務員試験を
受けなかったから、
もう公務員にはなれない。。。

あなたがそう思っていたら
それは間違いです。


もし、新卒の時に
公務員になれず、
もしくは別の道として民間企業に就職したとしても、
公務員の中途採用試験に合格すれば
公務員になることが出来ます。


ここで公務員試験の受験資格を
少し見てみましょう。

平成22年度の
国家公務員中途採用者選考試験の情報を見てみると、
受験資格は、昭和45年4月2日~昭和56年4月1日生まれの
日本国籍をもつ人となっています。

30代のあなたも
もちろん入っていますよね。


1次選考は9月5日に、
志望職種ごとに教養試験、適性試験、専門試験、作文試験
の4つの試験が行われます。

この1次選考に合格した人だけが
2次選考、面接と進むことができ、
最終的に12月3日に合格者が発表されることになっています。


地方公共団体が実施する、
地方公務員の中途採用の場合は、
基本は空きが出た場合に実施されます。

地方公務員の採用試験の流れは、
教養問題などの筆記試験、
専門的な第2次試験とあり、
自治体によっては第3次試験まであるところもあります。

そして、この筆記試験が終わると、
最終的に面接試験となるのです。


また、民間と異なる面としては
採用試験に合格したからといって
すぐ現場で採用される保証はありません。

一旦「採用者候補名簿」に登載され、
現場の欠員に応じて採用される流れになります。


ここから見てもわかる通り、
公務員の中途採用は採用枠はとても少ないので、
中途採用試験を受ける場合には
難易度が高いことは肝に銘じておかなければいけません。


また受験料についてですが、
公務員試験の受験料は原則無料なのですが、
一部の地方公共団体や公立大学法人では
有料になっているところもあるようです。

もし、受験料が気になるようであれば
あらかじめ問い合わせて
聞いてみた方がいいかもしれません。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。